【宿曜相性 危・成の関係】なぜか気が合う正反対の異質な二人

危・成の関係 宿曜経
宿曜占星術の「危・成-きせい-」の相性です。性格や好みが正反対の二人。そこが逆に魅力として、自分にはないものを相手の中に発見します。相手の考えに違和感を抱き、時に衝突したりすることもありますが、よい意味で刺激となって充実感を味わうことのできる間柄になるでしょう。

スポンサーリンク


「危・成の関係」の基本相性

自分から見て「危」の相手は「危険」を表し、深く係わるには少し不安をおぼえる相手。「成」の相手は「成功」を表し、自分にはないものを補って成長させてくれる相手になります。

自分とは正反対の性格の異なる二人ですが、相手の長所を認め、欠点を補えながら付き合うことのできる仲で、気のおけない友人のような関係です。

しかし基本的には異質なので、喜びや悲しみを共感し合える相手ではありません。お互いの「違い」を尊重し合いながら適度に距離をとって接しておくほうが、よい関係を築きあげることができます。

「危・成の関係」の恋愛

「危・成の関係」の二人は、最初の出会いではそれほど強い関心を抱く相手ではないかもしれません。ところが、ちょっとした言葉や動作が気になり、離れている間も相手の言動に気を回すなど、なんとなくヤキモキさせられます。「気になる」がいつしか愛情に似た気持ちに変化し、恋愛感情に発展していくのです。同情から始まる恋もあるでしょう。

付き合い始めても「恋愛に溺れる」ということにはならないのがこの組み合わせ。ベッタリの甘いムードではなく、どこかクールな関係です。しかしそんな関係が「危・成の関係」の二人にはベスト。恋愛の関係に甘い雰囲気を求めると失敗する傾向にあります。

結婚を意識しだしたら、将来の現実的な計画を共有することにより、絆はより強くなっていきます。お見合いのように様々な条件に納得したうえでのゴールインするのが理想です。

「危・成の関係」の結婚

性格が正反対の「危・成の関係」の二人。時には意見の違いからケンカになることもありますが、執拗に詮索や、無用な干渉をすることもないので、夫婦生活はおおむね長続きします。

要注意なのは、相手に対して新鮮さや、尊敬する思いが失われた時。お金のトラブルもしかり。口論が多くなり、あっさり破たんがやってきます。

現実的には頼りになる相手ですが、精神面での繋がりが希薄くになりがちです。それでも、子どもなどの「二人のきずな」があれば離婚を思いとどまるということもあるかもしれません。しかし二人の心は別の方向へを向いているということも多いのです。

スポンサーリンク

「危・成の関係」の友人・家族・ビジネス

恋愛、結婚のケースと同様に、性格が違っても、仲間として気が合う関係です。相手の長所を認め、欠点を補いながら、切磋琢磨しながらお互いが成長することができるでしょう。言いたい放題ケンカすることはあっても、根に持つことはなく、嫌悪感を抱くということがありません。いわゆる「ケンカするほど仲がいい」という感じです。

相手との仲が深まり、新鮮さが失われると、次第に疎遠になってしまうのもこの組み合わせの特徴です。ただしケンカ別れというようなことはなく、あとくされがないドライな関係となるのです。

この関係でのビジネスの相手の場合は、お互いが言っている話の内容を正確に理解することに気を留めておかなければなりません。異質な二人なので、言う側と言われる側の解釈が異なり、トラブルの原因につながるのです。話やメール、電話の内容は細心の注意をと確認を怠らないようにしましょう。

 2016/05/27

宿曜 相性占いを教える
危・成の関係 宿曜経

この占いが気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をお知らせします

27宿一覧

宿曜相性一覧

もう一度占う