【宿曜相性 友・衰の関係】利害関係が絡まなければ最高の理想的な相手

友・衰の関係 宿曜経
宿曜占星術の「友・衰-ゆうすい-」の相性です。恋愛関係や友人関係の間柄なら、お互いに共感できることが多く、出会ってすぐに打ち解け合うことのできる関係になれます。言葉を交わさなくても気持ちが通じ、心穏やかに惹かれる理想の相手となるでしょう。
その一方で利害が絡んでくるような場面では、ふたりで現実的な問題を乗り越えられず、ギクシャクする関係になってしまうことがあるでしょう。

スポンサーリンク


「友・衰の関係」基本相性

自分から見て「友」の相手は、字のごとく何でも話せる友人のような存在を表し、「衰」の相手は自分が尽くし癒してあげる相手になります。「安」の人は優位なポジション、「衰」の立場の人はどちらかといえば弱い立場になる間柄というわけです。

「友」と 「衰」の関係は一見すると、一方に力関係が偏りがちなバランスの悪い相性に見えます。けれども、精神的な絆で結ばれ、意気投合しやすく、人生観や価値観の合う一緒にいて楽しいと感じることのできる関係といえます。

「友・衰の関係」の恋愛

出会いの確率は高めで、一度出会ってしまえば趣味や好みが似ていて恋に落ちるのはあっという間です。友人から交際に発展しやすく、デートも楽しい!とにかくいつも一緒にいたい!というようなラブラブな関係になるでしょう。

しかし決して悪くない相性なのに、いざ結婚となると、どういう訳か試されるように周囲に反対されて容易に話が進まないことも多い傾向にあります。

また、不倫などの結婚に結びつく可能性が低い恋愛は気をつけなければなりません。「友・衰の関係」の二人は、周りが見えなくなるほどに恋が燃え上がってしまうので、軽い気持ちで始めた恋でも、ズルズルと止められなくなってしまうことも…。

「友・衰の関係」の結婚

恋愛から結婚へ進もうとすると不思議と思うようにいかなくなります。 恋人同士の時にはなかった問題や邪魔が入るのです。その障害を乗り越え結ばれたとしても、お金の問題や、生活観の違いによる価値観の違いなど、愛情以外のことでなにかと結婚生活に問題が起こります。

問題にぶつかった場合には放置したりせず、現実的な視点で話し合うことが大切です。理想ばかり語り合うのではなく、堅実で具体的に将来の計画を立てることが重要です。

「友・衰」のふたりは、同居より核家族、専業主婦より共働き、子どもを作らずに夫婦ふたりの生活、入籍しない事実婚など昔ながらの価値観や結婚観に縛られることのない自由なライフスタイルのほうが意外とうまくいったりします。

スポンサーリンク

友・衰(近距離)の友人・家族・ビジネス

趣味や精神面での共通点が多いふたりは、友人、家族の間柄としてはこの上ないとてもよい相性です。気が合い、すぐ意気投合し話もはずみ、いつも楽しい時間を過ごすことができることでしょう。

しかし、ビジネスの相手となると話は別。利害関係がからんでくると結婚と同様に不思議と上手くいきません。 好みや考えが似ているため、おたがいに相手の欠点がわからず共倒れになる危険があるのです。何か一緒に仕事を始めるような場合には、二人きりではなく現実的な考えを持つことのできる人とチームを組むとバランスがとれ、物事がスムーズに進むでしょう。

 2016/05/26

宿曜 相性占いを教える
友・衰の関係 宿曜経

この占いが気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

更新情報をお知らせします

27宿一覧

宿曜相性一覧

もう一度占う