カバラ数秘術で占う2021年の運勢 >>

【宿曜相性 業胎の関係】精神的な深いつながりを感じる宿命のソウルメイト

宿曜占星術 相性占い 業胎の関係

宿曜占星術の「業・胎-ぎょうたい-」の相性です。「業・胎の関係」の二人は、前世、現世、来世において何らかの繋がりがあった関係です。人生のターニングポイントに必ず現れ、自分を重要な人や場所へと導いてくれるソウルメイト的な存在なのです。

「業・胎の関係」の基本相性

自分から見て「業」の宿は「前世」においての自分の宿、「胎」の宿は「来世」における自分の宿を意味しています。「業」の相手と、「胎」の相手とは、前世からの因縁で結ばれ、更には来世でも縁を持つ間柄なのです。

目には見えない運命的な力によって出会うことになる二人。たとえ性格や環境が異なるものだとしても、趣味や考え方に不思議と共通点があり、魂の繋がりを感じずにはいられません。人生の大切な節目にあらわれ、一緒に力を合わせて目的を遂げ役目を終えると、また違う場所へ旅立ってしまうという宿命にあります。「業・胎の関係」の相手との縁は、たとえわずかなものだったとしても、人生において重要な意味を成すことになるはずです。

「業・胎の関係」の恋愛

運命の出会いを果たす「業・胎の関係」の相手とは、言葉にせずともお互いのことを理解できるような、恋愛というよりは精神の深いところでの結びつきを意識することになります。

そんな赤い糸でしっかりつながれているかのような二人ですが、いざ結婚となると思わぬ障害や邪魔が入ります。けれども困難を乗り越え、二人は結ばれることになるでしょう。

「業・胎の関係」の結婚

同じ目標、同じ理想を持つことのできる「業・胎の関係」の二人は、お互いのことを理解し、尊敬しあうことができるので、穏やかな結婚生活を送ることができます。

しかし二人をつなぐ「何か」が失われた時に、夫婦生活の危機が訪れます。精神的な繋がりとは別の部分で、一緒にできる共通のものを持つことで、一生を通して二人の仲は新鮮なままでいることができるでしょう。

「業・胎の関係」の友人・家族・ビジネス

自分にないものを相手の中に発見し、お互いに補いながら尊敬し合えることのできる間柄です。ビジネスも成功しやすいでしょう。今までまとまらなかった考えや、はっきりとした方向性が見つからなかった事でも、「業・胎の関係」の相手に相談することで解決の糸口を見つけることができるでしょう。

この関係は、最初は強い結びつきを感じ同じ道を歩んでいるように見えることでしょう。しかし本来は異なる性質の二人。その違いを大きすぎることを自覚するにつれ、心が離れ、自然と別々の道を歩むことになりそうです。それでも憎しみ合って決別するのではないので、信頼関係は継続します。

NEW!

アルカ式カバラ数秘術式で占う2021年の運勢
noteはじめました!

 各運命数ごとに、2021年の総合運、恋愛運、結婚運、金運、仕事運、運気アップの方法を、このサイトよりさらに深く掘り下げて説明しています。

南波アルカ

南波アルカ

無料占いサイト「スピリチュアライフ」の管理人。10代の頃より様々な占いを研究をする。多くの人に占いをもっと手軽に、生活に溶け込むようなツールとして利用してほしいと考え、占いサイトを立ち上げる。サイトは月間最高350万PV。

FOLLOW

関連記事